購入時の税金の話

マイホームの取得には購入費以外にも様々な費用が掛かります。その中でも大きな割合を占めるのが税金です。聞き慣れない方も多いと思いますが、マイホーム取得時には優遇される分野でもあります。
物件によって、適用される税や具体的な金額は変わるので、詳細はお訪ね下さい。

不動産取得税

不動産を取得するとかかる税金です。課税評価額に税率3%を乗算した額になります。制限措置があり、基準を満たしていれば控除が受けられます。

リンク→群馬県:不動産取得税の軽減措置の案内

登録免許税

不動産の登記をする際に掛かる費用です。司法書士へ手続きを依頼した場合は司法書士の報酬に含まれます。

リンク→国税庁:登録免許税の税額表

消費税

マイホームを購入する際に建物に対して課税されます。事業目的の売買に課税されるので、個人が売主となる売却時は非課税です。仲介業者の仲介手数料にも課税されます。

印紙税

印紙を貼る必要がある文書に掛かります。収入印紙を貼ることで納税されます。売買契約書・請負契約書・金銭消費貸借契約書など売買の内容によって文書の数や金額も変わります。

リンク→国税庁:印紙税額の一覧表

固定資産税

所有する不動産にかかる市町村税で、毎年1月1日時点の所有者に全額の納付義務があります。売買されると、買主から日割り清算分が売主に支払われます。
軽減措置有り、以下概要を簡単に記します。

リンク→太田市:資産税課

固定資産税の算出方法

課税標準額(課税台帳評価額)×1.4%(標準税率)

固定資産税の軽減措置

〇住宅用地の場合

・敷地面積のうち200㎡以下の部分→6分の1に軽減

・敷地面積のうち200㎡を越え、家屋の床面積の10倍までの部分→3分の1に軽減


〇一般的な新築住宅の場合

・120㎡(約36.3坪)までの部分について、3年間(長期優良住宅なら5年間)の税額を2分の1に軽減
※建物の大きさ構造によっては該当しない場合があります。

都市計画税

市街化区域内の土地・建物に課税される市町村税です。固定資産税と同じく、毎年1月1日時点の所有者に全額の納付義務があります。売買されると、買主から日割り清算分が売主に支払われます。

リンク→太田市・資産税課

都市計画税の算出方法

課税標準額(課税台帳評価額)×税率0.2%

都市計画税の軽減措置

〇住宅用地

・敷地面積のうち200㎡以下の部分→3分の1に軽減

・敷地面積のうち200㎡を越え、家屋の床面積の10倍までの部分→3分の2に軽減


仲介手数料 50% off !!

  • 説明画像

    手数料 50% off !!

    新築建売物件は仲介手数料を半額にしますっ! ポータルサイトで複数業者が掲載している物件は弊社のキャンペーン対象の可能性が高いです。
    ちなみに、一般的な手数料は¥2000万円の物件だと約70万円。。。
    これが半額になるんです!!