住宅メーカー・工務店・設計事務所等の施工依頼先の特徴です。

注文住宅は家を建てる業者から選ぶことになります。住宅メーカー・工務店・設計事務所が主な依頼先ですが、そろぞれに特徴があります。「〇〇工務店」といっても中身は住宅メーカーだったり、会社名からでは中身がわかりづらかったりします。

住宅メーカー

CMなどでよく耳にするメジャーな建築業者はだいたい住宅メーカーです。自社で設計・施工管理・販売までを行うのが一般的で、不動産屋・工務店・設計事務所から発展した企業も少なくありません。

設計・デザイン

業者によって程度の差はありますが、設計や部材に関しては業者毎にある程度の方針があり、デザイン等に制限があります。注文住宅ではありますがセミオーダー的な内容になると思います。しかし、住宅建築のノウハウは豊富なので、特殊な希望が無い限りは十分対応可能なはず。

コスト

高級住宅からローコスト系住宅までメーカー毎にさまざまです。各メーカーはターゲットにしている客層があり、業界内で住み分けされている印象です。
各社のホームページを覗くと雰囲気は掴めます

施工の信頼感

建築に関しては多くの実績を持つ業者がほとんどなので、購入者が安心して任せられるのは大きなメリット。部材の生産・加工を自社で行う企業も多い。
建物の引き渡し後のアフターサービスや、工事の進捗をメールで報告してくれたりする業者等、顧客満足・品質向上での企業努力が伺えます。

工務店

大工さんです。あまり大々的に宣伝をしていない企業がほとんどで、事業規模やどこまで自社でやるかでコスト等いろいろ変わる部分が多く、解説が難しいのですが、地元企業色が強く、木造でシンプルな内容の住宅を得意な企業が多いです。

設計・デザイン

フルオーダーの木造住宅が得意で、木造特有の細かな意匠も対応可能。半面、新素材を使う様なおしゃれデザインは難しいとおもいます。

コスト

基本フルオーダーなので安くは出来ないと思って下さい。建築プランが一般的な内容であれば、少し割安で建てられることもありますが。。。
最近ではだいぶ減りましたが、お金や工期に関して大雑把な業者もいますので、交渉時には注意が必要です。

施工の信頼感

基本的にプロ意識が高く、地域での評判も気にしている為に作業は丁寧です。事業規模的に住宅メーカーと比べるとアフターサービスの弱い業者があるので注意が必要です。

設計事務所

理想のすべてを叶えてくれるのが設計事務所です。設計と施工管理を行い、施工そのものは工務店に落とす形になります。どんな家を提案できるかが設計士の腕前と言えるかもしれませんが、一般的なプランが得意な業者もあります。

設計・デザイン

デザインのテイストは事務所毎に違いますが、かなり奇抜な内容でも対応が可能です。しかし、デザインと居住性は両立しないことも多いので十分打ち合わせが必要です。

コスト

控えめの費用で仕事をしてくれる事務所もありますが、設計費用を気にする方には向ていません。

施工の信頼度

通常、施工管理は依頼した設計士が担当するので安心できます。保証制度等は施工会社とよく確認する必要が有ります。


仲介手数料 50% off !!

  • 説明画像

    手数料 50% off !!

    新築建売物件は仲介手数料を半額にしますっ! ポータルサイトで複数業者が掲載している物件は弊社のキャンペーン対象の可能性が高いです。
    ちなみに、一般的な手数料は¥2000万円の物件だと約70万円。。。
    これが半額になるんです!!