仲介手数料とは?

簡単に言うと、不動産の売買や交換時に仲介した不動産業者が受け取る報酬のことです。
金額の上限は宅建業法で決められていて、売買金額が400万円を超える場合は約定額の3%+6万円と同じ金額になります。
 例:2000万円の物件を購入した場合は、2000万×3%+6万円=66万円       (消費税込で約71万円です)

手数料を払う人は誰?

売主・買主双方がそれぞれ仲介した業者に支払います。
A:不動産業者が単独で売主買主双方を仲介していれば双方から、
B:売主買主を別々の業者が仲介していれば、売主は売主側の業者、買主は買主側の業者。
に支払うことになります。

前段の金額例で説明すると、Aの場合は売主・買主双方から約71万円(計約142万円)、Bの場合は売主・買主双方が自分の仲介業者に約71万円を支払うことになります。

仲介手数料半額キャンペーンのヒミツ

弊社では、新築建売物件の仲介手数料を半額とするキャンペーンを実施中です。
これは、「ご購入されるお客様からいただく手数料は半額です。」
という趣旨のもので、売主である大手住宅メーカーさんからは仲介手数料を規定どおり頂いております。
弊社はまだまだ小さな会社です、「立派な事務所で素敵なおもてなし」はできませんが、数ある不動産業者の中から弊社を見つけていただいた方へのささやかですがプレゼントのつもりです。


  • 画像リンク

    相続・贈与税について

  • 画像リンク

    空き家対策特別措置法について

  • 画像リンク

    すまい給付金のご案内

  • 画像リンク

    太田市HP

  • 画像リンク

    桐生市HP

  • 画像リンク

    伊勢崎市HP

  • 画像リンク

    大泉町HP

  • 画像リンク

    太田市観光協会